☆京都教育大学附属小学校の入試が終わりました☆

2013年01月21日

1月17日18日の2日間京都教育大学附属京都小中学校の入試が行われました。18日は雪が舞う中子供たちは元気に行きました。

人数は例年より少し少ないとのお話だったようです。

問題内容は基本的な問題を中心に話や指示を聞くという事をメインにテストされていたようです。

男の子の中で目をひいた問題はプリントはお金の換算について。日常なかなか幼稚園児にお金を渡して買い物をすることはないと思うのです。昔は駄菓子屋さんに10円玉を持って行って買い物することもありましたが今ではそんな風習も少なくなりました。日常生活のとても大切な事に改めて気づかされました。

口頭試問は好きな歌を歌うでした。やはり恥ずかしくてなかなか歌えなかった子供もいました。幼稚園で集団なら歌えますし、家ならお構いなしだと思うのですが勉強するより難しい子供もいました。

女の子は回転寿司の系列(回転思考含む)問題がありました。
実際の回転寿司と違い順番に並んでいたようです。問題の意味をしっかり理解し考えていかなくてはいけませんね。

女の子はロケットを作ったようです。ペットボトルやおはじきがあって指示通りに作るという問題でした。

また詳しくは2/10の入試分析会でお話できると思います。

みんなの結果が次へつながりますように・・・